Contents
このようなお悩みをお持ちの方へ
フェイスラインを引き締めたい
小顔を目指したい
額や目もとのシワ、ほうれい線が気になる
外科手術を行わずにリフトアップしたい
糸リフト(スレッドリフト)に抵抗がある
ダウンタイムのある施術を避けたい
施術の痛みに弱い
ウルセラなど他の引き締め施術は、高額で手が出せない
医療ハイフ(HIFU)とは
ハイフ(HIFU)とは、高密度の超音波エネルギーを使って皮下組織を引き締め、リフトアップを行う施術の総称です。外科手術を除いて、皮膚の深い層にあるSMAS筋膜(※)にアプローチできる唯一の医療機器です。



当院では、ハイフの各種美容機器の中でも正確で安全性の高いダブロ(Doublo)の最新機種「ダブロゴールド(Doublo Gold)」を採用しています。
当院導入の医療ハイフ「ダブロゴールド」の特徴


まず、ダブロ(Doublo)とは、高密度焦点式超音波療法(HIFU/ハイフ)を利用した、最先端のたるみ治療機です。当院で用いられている「ダブロゴールド」は、従来のダブロより、照射スピードが改善された最新機種です。
アメリカのFDA(日本の厚生労働省に当たる行政機関)から認可を受けているウルセラの技術提供を受けており、ウルセラと同様に、希望する効果や施術部位ごとに、3種類のカートリッジを使い分けてSMAS筋膜(※)…4.5mm、皮下組織…3.0mm、真皮層…1.5mmの3層に、密度・深さどちらも正確にアプローチできます。


リフトアップ以外にも、肌の引き締め効果による小顔効果、コラーゲンの生成を活性化させることによるシワの改善など、様々な美肌効果が得られます。


※コラーゲンで形成されている、皮膚深層に位置する皮下組織(脂肪層)と表情筋(筋層)の間にある薄い膜
痛みとダウンタイム
施術時間は約30〜40分程度です。顔に薄くジェルを塗り、シワ・たるみなど顔の気になる箇所に高密度の超音波を当てていきます。施術中は熱さを感じるものの、痛みの少ない施術です。脂肪の少ない部分などは、少し骨に響く感じもあります。万が一痛みが強い場合は、パワーの調整が可能ですのでご安心ください。顔に塗ったジェルをふき取って終了です。
ダウンタイムはほぼありません。
施術直後はごく稀に赤み、腫れや圧痛、内出血が出る場合があります。赤みは数時間、その他は数週間で自然に消失します。
おすすめの施術頻度
1回でもリフトアップ効果を実感しますが、効果の維持・向上のためにも、3ヶ月に1回程度、繰り返し受けていただくことをおすすめしています。
料金
頬のみ
1回 49,000円
(税込53,900円)
顔全体+顎下
1回 60,000円
(税込66,000円)
FAQ
よくあるご質問

たるみの改善は施術直後から実感できます。お肌のハリ感など総合的なピークは1ヶ月後に感じることができます。

半年〜1年前後、効果が持続すると言われています。

赤みが強くなることがありますので、施術当日はシャワーですませ、入浴は翌日からにしてください。サウナなどは1週間後より可能です。

次の施術まで、3ヶ月間あけていただくようにお伝えしています。(多くとも、年4回の施術が望ましいとされています。)効果の維持・向上のためにも、繰り返し受けていただくことをおすすめしています。